ほのかにひとつ

↓↓↓音声が再生されます↓↓

https://hakusyu.net/mp3/honokanihitotsu.mp3

罌粟《けし》ひらく、ほのかにひとつ、
また、ひとつ……

やはらかな麦生《むぎふ》のなかに、
軟風《なよかぜ》のゆらゆるそのに。
 
薄き日の暮るとしもなく、
月しろの顫《ふる》ふゆめぢを、

縺《もつ》れ入るピアノの吐息《といき》
ゆふぐれになぞも泣かるる。
 
さあれ、またほのかに生《あ》れゆく
色あかきなやみのほめき。
 
やはらかき麦生の靄《もや》に、
軟風のゆらゆる胸に、
 
罌粟ひらく、ほのかにひとつ、
また、ひとつ……

解説

若き日の孤独な胸の内に次第に沸いてくる甘い想いです。それを麦畑に咲くヒナゲシに託して 歌っています。

罌粟ひらく
罌粟はヒナゲシの花。心に沸き起こる甘い想いのたとえであることが 後にあきらかにされます。

やはらかな麦生のなかに
「麦生」は麦畑のことです。それが「やわらかい」ということは、まだ 麦がしげっていない、穂が出たばかりの「若い」状態なのでしょう。 青春です。後に「園」=「心」のたとえであることが示されます。

軟風のゆらゆる
柔らかな風がゆらゆら吹いている

薄き日の暮るとしもな
夕暮れの薄い光が暮れるでもなく暮れないでもなく、

縺(もつ)れ入るピアノの吐息
心の状態をあらわしています。旋律の乱れたピアノの音のように、 そんなふうに心が揺さぶられた。

ゆふぐれになぞも泣かるる
夕暮れにどうして泣けてくるんだろう

さあれ
「そうはいっても」

またほのかに生れゆく
色あかきなやみのほめき

ここで初めてヒナゲシの花が「悩みのほめき」のたとえであることが 示されます。「ほめき」は「火照り」の意。

軟風のゆらゆる胸に
第二連では「軟風のゆらゆる園に」だったのが「胸に」に言い換えられています。 ここに至り麦畑が胸(心)のたとえだったことが明らかにされます。
「靄(もや)に」を言い間違えてしまいました。後日やり直します。

次の詩「噴水の印象

朗読・解説:左大臣光永