青いとんぼ

青いとんぼの眼をみれば
緑の、銀の、エメロード。
青いとんぼの薄き翅
燈心草の穂に光る。

青いとんぼの飛びゆくは
魔法つかひの手練かな。
青いとんぼを捕ふれば
女役者の肌ざはり。

青いとんぼの綺麗さは
手に触るすら恐ろしく、
青いとんぼの落つきは
眼にねたきまで憎々し。

青いとんぼをきりきりと
夏の雪駄で踏みつぶす。

解説

青いとんぼの妖しい美しさに、子供ならではの倒錯した攻撃性が発し、 雪駄で踏み潰す詩です。

ようは男の子がバッタの足をちょん切ったり、カマキリの頭を引っこ抜いたり、カエルの尻に爆竹をぶちこんで爆破したり、 あの感覚です。

北原白秋も子供の頃はそうとうやったようです。猫を潟海にほり込んだ 話が「わが生ひ立ち」という文章の中に出てきます。

緑の、銀の、エメロード。
「緑かな、銀かな、いやいやエメラルドだ」と、考えているのでしょう。つまり キラキラと変化するその目の色を一発で形容しがたい感じ。

青いとんぼの薄き翅
燈心草の穂に光る。
燈心草の穂のように羽がキラキラ光っている

青いとんぼの飛びゆくは
魔法つかひの手練かな。
ひらひら飛んでいく姿が魔法使いのように妖しい

青いとんぼを捕ふれば
女役者の肌ざはり。
とんぼの肌は乾いてカサカサして、女役者の肌のような質感だ

青いとんぼの落つきは
眼にねたきまで憎々し。
捕まえられたのにビックリもしないで落ち着き払ってるのが 憎らしいというのでしょう。

次の詩「午後

朗読・解説:左大臣光永