さすらひの唄

-『生ける屍』の唄より-

行こか、戻ろか、北極光(オーロラ)の下を
露西亜(ロシア)は北国 はてしらず
西は夕燒 東は夜明け
鐘が鳴ります 中空(なかぞら)に

泣くにや明るし、急げば暗し
遠い燈も チラチラと。
とまれ幌馬車、やすめよ黒馬(あお)よ
明日の旅路が、ないぢやなし

燃ゆる思を、荒野(あれの)にさらし
馬は氷の上を踏む
人はつめたし、わが身はいとし
街の酒場は、まだ遠し

わたしや水草、風ふくまゝに
ながれながれて、はてしらず
昼は旅して、夜は夜で踊り
末はいづくで果てるやら

解説

トルストイの「贖罪」を戯曲化した「生ける屍」の中で、ジプシーのマーシャが歌う劇中歌として作詞されました。住まいが定まらず、常に旅を続けているジプシーの哀愁を歌っています。

この「生ける屍」という戯曲は、妻とどうしても離婚しないといけないと思い込んでいるノイローゼっぽい男がジプシーの部落に飛び込んで、そこで純真な少女マーシャと知り合いになる…

この歌に関係した部分はそんな感じです。

松井須磨子がマーシャを演じ、歌も歌いました。

中山晋平作曲。大正六年。

他に、「生ける屍」の劇中歌として、「憎いあん畜生」「こんど生まれたら」があります。

実に旅の愁いがにじんでいる詩です。

実に旅の愁いがにじんでいる詩です。島崎藤村「千曲川旅情の歌」や、松尾芭蕉『奥の細道』の冒頭部分、「舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす」にも通じるものを感じます。

童謡

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら