秋の日

小さいその兒があかあかと
とんぼがへりや、皿まはし……
小さいその兒はしなしなと身體反らして逆さまに
足を輪にして、手に受けて顔を踵にちよと挾む。
足のあひだにその顔の坐るかなしさ生じろさ。
落る夕日のまんまろな光眺めてまじまじと
足を輪にして顔据えて、小さいその兒はまた涙。
『傍にや親爺が眞面目がほ
鉦や太鼓でちんからと、俵くづし
の輕業の浮いた囃子がちんからと。』
知らぬ他國の潟海に鴨の鳴くこゑほのじろく
魚市場の夕映が血なまぐさそに照るばかり、
人立ちもないけうとさに秋も過ぎ行く、ちんからと。――
小さいその兒がたゞひとりとんぼがへりや皿まはし……

解説

北原白秋の詩にしては特別な比喩もなく、実際に目の前に繰り広げられている 情景として眼に浮かびやすいです。 秋の夕暮れ時に大道芸の少年を見て哀愁を感じているのです。

この子はどうしてこんな芸を仕込まれているのか、故郷に病気の 両親がいて仕送りしているのか、これだけの芸を身につけるには、 厳しい修行をしてきたんだろうなぁ とか、色々考えているのかもしれません。

次の詩「人形つくり

朗読・解説:左大臣光永