噴水の印象

噴水(ふきあげ)のゆるきしたたり。--
霧しぶく苑の奥、夕日の光、
水盤の黄なるさざめき、
なべて、いま
ものあまき嗟嘆(なげかひ)の色。

噴水の病めるしたたり。--
いづこにか病児啼き、ゆめはしたたる。
そこここに接吻(くちつけ)の音。
空は、はた、
暮れかかる夏のわななき。

噴水の甘きしたたり。--
そがもとに痍(きず)つける女神(ぢょじん)の瞳。
はた、赤き眩暈(くるめき)の中(うち)、
冷み入る
銀の節、雲のとどろき。

噴水の暮るるしたたり。--
くわとぞ蒸す日のおびえ、晩夏のさけび、
濡れ黄ばむ憂鬱症(ヒステリイ)のゆめ
青む、あな
しとしとと夢はしたたる。

解説

「噴水」は北原白秋の詩の詩に何度も登場するイメージです(「謀反」など)。 夕暮れ時、キラキラと輝きながら水をしたたらせる官能的な噴水の姿が 詩人の心を捉えたのでしょうか。

この「噴水の印象」は実景とイメージがたくみに交じり合い、幻想的な 雰囲気を作り出しています。

第一連は状況設定です。公園の奥にある噴水、そのゆるやかな水のしたたり、 水盤(水がたまっている部分)のさざなみに夕日が反射する 甘ったるい嘆きに満ちた雰囲気。

第二連では、その噴水の実景にイメージが混じってきます。 弱々しくしたたる噴水に病的なものを感じているのです(「病めるしたたり」)。

そこから病気の子がどこかで泣いている姿、声を連想します。

噴水の水しぶきは夢のように幻想的で、その水音を「接吻の音」と 聞きます。

晩夏の空に何か落ち着かない動揺を感じています(「暮れかかる夏のわななき」)。

第三連ではやや時間が経過しているようです。「赤き眩暈」と言っているように、 夕日が真っ赤になってきたのです。これは高揚感、性的な渇望を表しているようです。

噴水の水盤のところに女神像が彫刻されているか、あるいは 水のきらめきの中に女神の幻想を見たようです。「傷つける女神」「赤き眩暈」は破瓜の血を連想させます。

銀の節」は噴水の水音を美しい音楽のように聞いたのでしょう。しかし そんな中にも雲はとどろいて、嵐の予感?がするのです。

この「雲のとどろき」も第二連の「夏のわななき」と同様、性的な渇望をあらわしているのでしょう。

第四連ではついにその溜まりに溜まった渇望が爆発します。「晩夏のさけび」… さけびとはまた激しい言葉です。

濡れ黄ばむ憂鬱症のゆめ」…ああ、なんかもう逝くとこまで逝ってグッタリした感じ。 そして日が落ちて景色が真っ青になり「青む、」 噴水の水は夢のようにしたたり続けるのです。

邪宗門

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら