堀端に無花果(いちじく)みのり、
その実いとあかくふくるる。

軟風(そよかぜ)の薄きこころは
腫物にさはるがごとく。

夏はまた【おふし】の水馬、
水面(みずのも)にただ弾くのみ。

誰か来て、するどきナイフ
ぐざと突き刺せよかし。……

無花果は、ああ、わがゆめは、
今日もなほ赤くふくるる。

解説

性欲が強烈に高まってどこへ持っていきようもない、錯乱しそうな感じです。 赤くふくらんだ無花果の花にその暗示を見ているのです。

「水馬」はアメンボ。アメンボが水面にぴょんぴょん跳ねるが、それは なんら建設的な効果をもたらさず、もどかしい。性欲の持って行き場が無い 自分の状況を重ねているのです。

いっそナイフでグサっとやってくれと、最後はヤケクソな 感じです。北原白秋の時代は今ほどエロ文化が発展してないから青年たちは苦しんだのです。

怪しき思』も近いテーマです。

思ひ出

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら