夜ふる雪

蛇目の傘にふる雪は
むらさきうすくふりしきる。

空を仰げば松の葉に
忍びがえしにふりしきる

酒に酔うたる足もとの
薄い光にふりしきる

拍子木をうつはね幕の
遠いこころにふりしきる

思ひなしかは知らねども
見えぬあなたもふりしきる。

河岸の夜ふけにふる雪は
蛇目の傘にふりしきる

水の面にその陰影(かげ)に
むらさき薄くふりしきる。

酒に酔うたる足もとの
弱い涙にふりしきる。

声もせぬ夜のくらやみを
ひとり通ればふりしきる

思ひなしかはしらねども
こころ細かにふりしきる。

蛇目の傘にふる雪は
むらさき薄くふりしきる。

解説

北原白秋は、かなりの酒豪でした。酒にまつわる詩を多く残しています。
また、白秋の生家は九州柳川の造り酒屋です。育った環境からして、酒には縁が深かったわけです。

そうとう飲んでます。ウィーッと、いい心持ちです。
「思ひなしかはしらねども」は、「どういう思いなのかはしらないけれども」の意で、 降る雪に対して言っているようです。

拍子木をうつはね幕の
遠いこころにふりしきる

ここがよくわかりませんでした。主人公は、昼間芝居を観て酒を呑んだのか。しかし、「遠いこころ」とか 言ってるから、それは遠い昔の記憶なのか。
または、拍子木の音は単なる空想で、実際に芝居を観たわけではないのか。
でも、そうやって色々な解釈を試みてみるのも、詩の面白さかもしれません。

部屋で一人で酒を呑む時のBGMとして最適です。

東京景物詩及其他

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら