焼栗のにほひ

玉乗の児よ、戯奴(ヂヤウカア)よ、身振をかしき鈴振(りんふり)よ。
また、いはけなき曲馬の児、
赤き上着にとり澄ます銀笛(ぎんてき)吹きの童らよ。

げにげに汝ら、しをらしく、あるはをかしく、おもしろく、
戯れ浮かれて鄙びたる下司のしらべに忘るれど、
いづこともなき焼栗の秋のにほひを嗅ぐときは
物思ふらむ嘆くらむ、かつは涙もしたたらむ。

すべり転がる玉の上に、暗き楽屋に、
汗臭き馬の背に、道化芝居の花道に、
玉蜀黍(とうもろこし)を噛みしむる、収穫(とりいれ)の日の
盲目のわかき女に見るごとく、
物の哀れをしみじみと思ひ知るらむ、浅草の秋の匂に。

解説

浅草の道化芝居の子供らに哀愁を感じてるのです。

サーカスの見世物になって、どんな国の事情か子供時代を 苦労して、涙も見せずに…。

でもそんな子供たちでも焼栗に匂いを嗅ぐ時は子供に戻り、 故郷や母が懐かしく涙を流すのかな…そんな内容のようです。

思ひ出

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら