帰去来辞 陶淵明

帰りなんいざ。
田園将に蕪れなんとす。
胡ぞ帰らざる。
既に自ら心を以て形の役と為す。
奚ぞ惆悵として独り悲しまん。
已往の諌められざるを悟り、
来者の追ふべきを知る。
実に塗に迷ふこと其れ未だ遠からず。
今の是にして昨の非なりしを覚る。
舟は揺揺として以て軽くあがり 、
風は飄飄として衣を吹く。
征夫に問ふに前路を以てし、
晨光の熹微なるを恨む 。

解説

陶淵明(365-427)中国東晋時代の詩人。

『帰去来辞』は41歳にして役人をやめ田舎に引きこもる意気込みを歌った詩です。 ああもう、役人なんてウンザリだ。田舎はいいなあ。自然は最高だという話です。

多少強がりも入っている気がしますが、 これから始まる田舎生活への希望に満ちています。

一方、北原白秋の『帰去来』は目が見えなくなり、たとえ故郷柳川に帰っても その景色を見ることができない…段違いな悲壮感です。

久々に再録しました。だいぶ声の伸びが良くなってきた気がします。

北原白秋 関連

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら