月から見た地球

月から観た地球は、円(まど)かな、
紫の光であった、
深いひほひの。

わたしは立つてゐた、海の渚に。
地球こそは夜空に
をさなかつた、生れたばかりで。

大きく、のぼつてゐた、地球は。
その肩に空気が燃えた。
雲が別れた。

潮鳴を、わたしは、草木と
火を噴く山の地動を聴いた。
人の呼吸を。

わたしは夢見てゐたのか、
紫のその光を、
わが東に。

いや、すでに知つてゐたのだ。地球人が
早くも神を求めてゐたのを、
また創つてゐたのを。

北原白秋にもこういうSF的な詩があることを知り新鮮でした。
天地創造の瞬間を観察していた何者かの立場から歌っています。

次の詩「

朗読・解説:左大臣光永