生洲

生洲 小笠原にて

大きなる月は
まんまろく転び出でたり。
護謨(ゴム)の葉は豊かに動く。
いざや歩まん、二人して。

生洲には瑠璃のさざなみ、
ゆれゆれて金の輪となる、
ああいまし、
麗(うつく)しき玳瑁(たいまい)の雄(お)は
雌の上にそつと重なる。

静かなれ、深く潜(す)めかし、
月はいま蒼き暈(かさ)きる、
磯煙草みどりにゆらぐ。
ああ、しばし
玳瑁は幸福住む。

声もなし、さあれ、うつくし、
何者か、光りとろけて
霊(たましひ)をゆするがごとし、
玳瑁はふたつ重なる。
護謨ノ葉は豊かに動く。
いざや眠らん、二人して。

(注)
玳瑁(たいまい)…カメの一種

海豹と雲

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら