硝子切るひと

君は切る、
色あかき硝子の板を。

落日(いりひ)さす暮春の窓に、
いそがしく撰びいでつつ。

君は切る、
金剛の石のわかさに。

アブサンのごときひとすぢ
つと引きつ、切りつ、忘れつ。

君は切る、
色あかき硝子の板を。

君は切る、君は切る。

解説

ガラス工場の光景でしょうか。黙々とガラスを切ってるガンコな職人の横顔が浮かんできました。

アブサンはニガヨモギなどから作った強烈に強い酒。とても気持ちよくなれます。実際に呑んだことのある方なら、砥石でガラスを切ってる、そのキィーンという鋭い切り込みをアブサンと例えてるのは、よくわかると思います。

邪宗門

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら