硝子切るひと

君は切る、
色あかき硝子の板を。

落日(いりひ)さす暮春の窓に、
いそがしく撰びいでつつ。

君は切る、
金剛の石のわかさに。

アブサンのごときひとすぢ
つと引きつ、切りつ、忘れつ。

君は切る、
色あかき硝子の板を。

君は切る、君は切る。

解説

ガラス工場の光景でしょうか。黙々とガラスを切ってるガンコな職人の横顔が浮かんできました。

アブサンはニガヨモギなどから作った強烈に強い酒。とても気持ちよくなれます。実際に呑んだことのある方なら、砥石でガラスを切ってる、そのキィーンという鋭い切り込みをアブサンと例えてるのは、よくわかると思います。

次の詩「

朗読・解説:左大臣光永