カナリヤ

たつた一言きかしてくれ。
カナリヤよ、
たんぽぽいろのカナリヤよ、
ちろちろと飛び回る、ほんに浮気なカナリヤよ。
おしやべりのカナリヤよ。
たつた一言きかしてくれ、
丁度、弾きすてた歌沢の、
三の弦(いと)の消ゆるやうに、
「わたしはあなたを思ってる。」と。

解説

切ない詩です。これは恋人をカナリヤに見立てて語りかけて るのでしょうか。

北原白秋ならではの比喩表現がまた光ります。

弾きすてた歌沢の/三の弦(いと)の消ゆるやうに…

次の詩「あそびめ

朗読・解説:左大臣光永