カナリヤ

たつた一言きかしてくれ。
カナリヤよ、
たんぽぽいろのカナリヤよ、
ちろちろと飛び回る、ほんに浮気なカナリヤよ。
おしやべりのカナリヤよ。
たつた一言きかしてくれ、
丁度、弾きすてた歌沢の、
三の弦(いと)の消ゆるやうに、
「わたしはあなたを思ってる。」と。

解説

切ない詩です。これは恋人をカナリヤに見立てて語りかけて るのでしょうか。

北原白秋ならではの比喩表現がまた光ります。

弾きすてた歌沢の/三の弦(いと)の消ゆるやうに…

東京景物詩及其他

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら