蘭亭の遊び

清らかな蘭亭の流水(ながれ)であつた、
人々は幽かに並んで坐り、
閑(しづ)かな一日の遊びに耽つてゐた。
高山の蔭、
竹林の前、
つぎつぎに朱のサカヅキは流れて行つた。
流るる凡(すべ)てを流れしめ、
淡々として遊んでゐた。

清らかな蘭亭の流水であつた。
人々は軽い雲と心を放つてゐた。
幽人逸士の交わりは
気韻そのもの、
金の微笑そのものであつたか、
何にしても、あの無為の思想と
緑茶の煙とはぽうとしてゐる。

解説

水墨集」(大正12)は北原白秋の新境地で水墨画のようなシブイ光景が 綴られます。

落葉松」をはじめ山水を賛美した素直な詩が多いです。言葉や 趣向も白秋にしてはだいぶわかりやすく、スッと入ってきます。

邪宗門」に見られる難解で病的な表現はなくなり、丸くなったようです。

北原白秋の20代と30代の心境の変化をそのままあらわしているようです。

ちなみに「水墨集」が刊行された大正12年は関東大震災の年で、白秋の つくった書斎「木菟(みみずく)の家」が半壊してしまいました。

水墨集

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら