邪宗門扉銘

ここ過ぎて曲節(メロデア)の悩みのむれに、
ここ過ぎて官能の愉楽のそのに、
ここ過ぎて神経のにがき魔酔に。

邪宗門」は北原白秋24歳の時の作。その冒頭に掲げられた文言です。ダンテの「神曲」の「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」が 意識されてます。

意気揚々とて詩人として歩みだしたその意気込み、若さが 溢れてます。

邪宗門

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら