邪宗門扉銘

ここ過ぎて曲節(メロデア)の悩みのむれに、
ここ過ぎて官能の愉楽のそのに、
ここ過ぎて神経のにがき魔酔に。

邪宗門」は北原白秋24歳の時の作。その冒頭に掲げられた文言です。ダンテの「神曲」の「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」が 意識されてます。

意気揚々とて詩人として歩みだしたその意気込み、若さが 溢れてます。

次の詩「邪宗門秘曲

朗読・解説:左大臣光永