胡瓜

そのにほひなどか忘れむ。
ほのじろき胡瓜の花よ。そのひと日、かげにかくれて
わが見てし胡瓜の花よ。

かの日には歌舞伎見るとて
父上にせがみまつりき。
そがために小さき兄弟(はらから)
日をひと日家を追はれき。

弟は水の辺(へ)に立ち、
声あげて泣きもいでしか。
われははた胡瓜の棚に
身をひさめすすり泣きしき。

かくてしも幼き涙
頬にくゆるしばしがほどぞ、
珍しなる新しき香に
うち噎(むせ)び、なべて忘れつ。

さあれ、かの痛(つ)らき父の眼
たまたまに思ひいでつつ、
日をひと日、泣きも忘れて
数へ見てし胡瓜の花よ。

解説

キュウリについての思い出です。「人生」「」などと同じく、子供時代の一場面をパッと切り取った感じです。

歌舞伎に連れてってと兄弟で父にせがんで、怒られて、家を追い出された、

弟は水際で泣いている、兄(白秋)は胡瓜の棚でしゃがみこんでいる。ふと胡瓜の香りが漂ってきた。

一瞬で涙がやんだが、そうは言っても父の怒りの顔を思うと何度も涙が戻ってきて、一日そこで泣き暮らした。あの日数えた胡瓜の花がなつかしい…そんな内容です。

こういうふうに、子供の頃の一場面が、何の脈絡もなく、(物語性の中にでなく)ポッと、場面単体として残ってるのは、よくあることじゃないでしょうか。

特に「花よ」の「ハ」で息が抜けやすく、苦労しました。「母」とか、さらに苦手です。ハ、ファァーと情けなく鼻息が抜けて、みっともないことになります。修行が必要と実感しました。

思ひ出

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら