柳河

もうし、もうし、柳河じゃ、
柳河じゃ。
銅(かね)の鳥居を見やしゃんせ。
欄干橋を見やしゃんせ。
      (馭者は喇叭の音をやめて、
       赤い夕日に手をかざす。)
       
薊の生えた
その家は、……
その家は、
旧いむかしの遊女屋(ノスカイヤ)。
人も住まはぬ遊女屋(ノスカイヤ)。

裏のBANKOにゐる人は、……
あれは隣の継娘(ままむすめ)。
継娘(ままむすめ)。

水に映ったそのかげは、……
そのかげは
母の形見の小手毬を、
小手毬を、
赤い毛糸でくくるのじゃ、
涙片手にくくるのじゃ。

もうし、もうし、旅のひと、
旅のひと。
あれ、あの三味をきかしゃんせ。
鳰の浮くのを見やしゃんせ。
      (馭者は喇叭の音をたてて、
       あかい夕日の街に入る。)
       
夕焼、小焼、
明日天気になあれ。 

解説

柳河の観光案内といえば船ですが、これは【馭者】だから馬車で観光案内をしてるのです。柳河の独特の言葉を取り入れた詩です。

全篇【馭者】が一人語りしてると考えてもいいですが、【馭者】と【客】の問答形式と見たほうが面白いんじゃないでしょうか。。

「その家は、……」この語尾の「点々」、いかにも「問いかけ」って感じがしませんか?

「継娘。/ 継娘。」「小手毬を、/ 小手毬を、」…ここなんか、「ほうほう、それで?」とお客さんが相槌を打ってるかんじ。「。」と「、」も同調してます。どう思われますでしょうか?

白秋の時代、柳河の遊女屋の前には実際に薊の花が咲いていたようです。「薊の花」という詩で薊が遊女の象徴のように歌われてます。

(注)
BANKO…バルコニー。縁台。

水路が縦横に走る柳河の情緒を歌った詩では他に「水路」があります。

思ひ出

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら