幻燈のにほひ

わが友よ、わが過ぎし少年の友よ、
汝は知るや、なつかしき幻燈の夜を、
ほの青きほの青き雪の夜景を、--
水車しづかにすべり、霏々(ひひ)として粉雪のふる。

ふりつもる異国の雪は陰影(かげ)の雪おもひでの雪。
いつしかと眼に滅(き)えぬべきかなしみの映画なれども、
その夜には
小さなる女の友の足のうら指につめたく、
チクタクと薄き時計もふところに針を動かす……

いとけなきわれらがゆめに絶間なくふりつもる雪。
ふりつもる「時」の沈黙(しじま)にうづもれて滅ゆる昨日よ。
淡つけきわが初恋のかなしみにふる雪は薄荷の如く、
水車しずかにすべり、ピエローは泣きてたどりぬ。

ほの青きほの青き幻燈の雪の夜景に
われはまた春をぞ思ふ、
マンドリン音をひそめしそのあとの恐怖(おそれ)に、
ふりつもる雪、ふりつもる雪、……ゆゑわかぬ性の芽生は
青猫の耳の顫へをわが膝に美しくみつつ。

解説

初恋を扱った詩といえば島崎藤村の「初恋」ですが、北原白秋の場合はかなり趣向が違います。

学校の体育館かなんかでスクリーンに映画の上映会をやったんでしょうか。 外国映画です。画面の中に降る雪が印象に残ったのです(昔の映画は白黒でチラチラ 画面が荒れて、ただでさえ雪っぽい感じです)。

子供たちがズラーと体育座りで並んで見たんでしょう。近くに座っていた女の子に ほのかな恋心を抱いたのです。

その初恋の切なさと画面に映る異国の雪が重なり、ぼんやりなつかしい思い出になったのです。

思ひ出

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら