かやの木山の

かやの木山の
かやの実は
いつかこぼれて
ひろわれて
 
山家のお婆さは
いろり端
粗朶たき 柴たき
燈つけ
 
かやの実 かやの実
それ 爆ぜた
今夜も雨だろ
もう寝よよ
 
お猿が啼くだで
早よお眠よ

解説

童謡集「花咲爺さん」収録。初出は大正11(1922)年10月号「童話」。 「砂山」や「からたちの花」と並び、これも山田耕筰による曲があります。

「山家」は山里の家。「粗朶」は柴と同義。おばあさんが囲炉裏で薪を燃やしているのです。

北原白秋が一時寄宿していた小田原の伝肇寺(でんちょうじ)には、 大きなかやの木があり、それから着想を得たということです。

北原白秋は大正7年、34歳の頃、小田原の伝肇寺(でんじょうじ)の境内に「木菟(みみづく)の家」という庵を建てて暮らしはじめました。

「伝肇寺のかやの木に毎年夏の半ばになるとかやの実が生る。実に 神秘ではないか。当然の不思議ではないか。この心境、かやの実を通じ、 自分をひっくるめた大自然の不易の生命、愛、あわれというものを感じなければならない」 「芸術の円光」(「緑の触覚」収録)
白秋の小田原時代(大正7~15)には「この道」「あわて床屋」「栗鼠、栗鼠、小栗鼠」など 多くの童謡が創り出されました。

関連…「かやの実

童謡

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら