午後

わが友よけふもまた骨牌(トランプ)の遊びにや耽らまし、
かの転(まろ)がされし酒桶のなかに入りて、
風味よき日光を浴び、
絶えず白きザボンの花のちるをながめ、
肌さはりよきかの酒の木香のなかに日くるるまで、
わが友よ、
けふもまた舶来のリイダアをわれらひらき、
珍らしき節つけて『鵞鳥はガツグガツグ』とぞ、
 そぞろにも読み入りてまし。

解説

北原白秋の家は柳川で酒造行を営んでいました。子供時代の白秋は こんな感じで友達と酒蔵の中で遊んだのでしょう。「アラビアンナイト物語」「酒の精」も子供時代の酒蔵の思い出を反映した詩です。

思ひ出

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら