公園の薄暮

ほの青き銀色の空気に、
そことなく噴水(ふきあげ)の水はしたたり、
薄明(うすらあかり)ややしばしさまかえぬほど、
ふくらなる羽毛頸巻(ボア)のいろなやましく女ゆきかふ。

つつましき枯草の湿るにほひよ……
円形(まろがた)に、あるは楕円に、
劃(かぎを)られし園(その)の配置の黄にほめき、靄に三つ四つ
色淡(うす)き紫の弧燈(アアクとう)したしげに光うるほふ。

春はなほ見えねども、園のこころに
いと甘き沈丁(ぢんてう)の苦き莟(つぼみ)の
刺すがごと沁みきたり、瓦斯(ガス)の薄黄は
身を投げし霊(たましひ)のゆめのごと水のほとりに。

暮れかぬる電車のきりし……
凋(しほ)れたる調和にぞ修道女の一人消えさり、
裁判(さばき)はてし控訴院に留守居らの点す燈(あかり)は
疲れたる硝子より弊私的里(ヒステリイ)の瞳を放つ。

いづこにかすずろげる春の暗示よ……
陰影(ものかげ)のそこここに、やや強く光劃(かぎ)りて
息ふかき弧燈(アアクとう)枯くさの園に嘆けば、
面黄なる秒時幽かに照らされて迷いわづらふ。

朧げのつつましき匂のそらに、
なほ妙にしだれつつ噴水の吐息したたり、
新しき月光(つきかげ)の沈丁に沁みも冷ゆれば
官能の薄らあかり銀笛の夜とぞなりぬる。

解説

春を待つ季節の物憂い雰囲気です。「裁判(さばき)はてし控訴院」といってるところから、 日比谷公園のことだと思われます。一つ一つの句が長いので苦労しました。

東京景物詩及其他

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら